カテゴリー別アーカイブ: 曲アップ

「回るコミュニケーション」公開しました!


大変時間がかかってしまいましたが、「回るコミュニケーション」、ついに公開しました!

ニコニコ動画

Youtube

いやー、いつ終わるのかという、本当に長い戦いでした。

このブログでのメイキングも途中で止まっていますが、ぼちぼち再開したいと思います。
メイキングへのリンク


巡音ルカV4X発売記念、「今夜もデバッグ」「The Rhythm to Realize」の2曲をアップしました。


巡音ルカV4Xが発売されたので、本日2曲アップしました!
【ニコニコ動画】【巡音ルカV4X】 今夜もデバッグ 【エレクトロニカ・オリジナル】
【ニコニコ動画】【巡音ルカV4X】 The Rhythm to Realize 【ドラムンベース・オリジナル】

【ニコニコ動画】【巡音ルカV4X】 今夜もデバッグ 【エレクトロニカ・オリジナル】


2012年に作った巡音ルカV2未発表曲を、巡音ルカV4X発売に合わせて作りなおしました。動画のイラストは咲良未夢さんにお願いしました。
詳しい曲紹介はこちら:「今夜もデバッグ」解説
メイキングはこちら:「今夜もデバッグ」メイキング

【ニコニコ動画】【巡音ルカV4X】 The Rhythm to Realize 【ドラムンベース・オリジナル】


こちらは巡音ルカV4X発売に合わせて新規に書いた曲です。詞はID:a-Enさんにお願いしました。
詳しい曲紹介はこちら:「The Rhythm to Realize」解説
メイキングはこちら:「TRTR」メイキング


曲紹介「The Rhythm to Realize」


こんにちは。
6年ぶりの曲投稿からわずが15分後ではありますが、新曲「The Rhythm to Realize」をニコ動に投稿しました。
タイトルには「リアル」という僕の好きな言葉を使っています。ネット上での匿名コミュニケーションが氾濫しているためか、僕らの周りで交わされている言葉には重みがなく、「リアル」が遠のいているような、そういう気がしています。どうにかして「リアル」を取り戻す、そういう意図でこのタイトルを決めました。
ただ、今回歌詞はID:a-Enさんにお願いし、作詞をお願いした際にもタイトルの意味などについては特に話し合っておりません。作詞家さんには作詞家さんの意図というものがあるだろうと思いますので、僕がすべて語れるわけではありません。
曲を先に作り歌詞を載せてもらうという「曲先」に初めて挑戦した曲です。ぜひお聴きください。

曲や動画の制作環境などに興味がある方は 「TRTR」メイキング の方も随時更新していますので、ぜひご覧ください。


曲紹介「今夜もデバッグ」


こんにちは。
本日、「今夜もデバッグ」を公開しました。ニコ動での曲投稿はなんと、「選挙に行こう!」以来、6年ぶりになります。
実はこの曲は2012年に制作し、動画準備中のまま一旦お蔵入りになっていた巡音ルカV2の未発表曲です。今回巡音ルカV4X発売にあわせてボーカルを差し替え、他パートも組み直して完成させました。
デバッグというのはコンピュータープログラミングの用語で「バグを修正すること」なのですが、これに引っ掛けて、いろんな人生の問題やらなにやらを「修正」しながら生きていく人々を応援する意図があるようなないような、そんな曲です。
動画内のイラストは絵師の咲良未夢さんとの共同制作です。
ぜひお聴きください。

曲や動画の制作環境などに興味がある方は 「今夜もデバッグ」メイキング の方も随時更新しておりますので、よろしければご覧ください。


「現代コード進行ったー」をやってみた


ツイッターIDを入れるとおすすめコード進行を提示してくれるサービス、「現代コード進行ったー」というのを知って、さっそくコードを作ってみました。

今日のコード進行は、 |D♭/E♭ |F/A♭ |G♭m7 |Csus4 A7 :|です

さすが「現代」コード進行というだけあってアバンギャルドな進行になっております。
分数コードの部分はベースの指示(onコード)なのか、2コードを重ねるUST(アッパー・ストラクチャー・トライアド)なのかよくわからなかったので、俺の趣味で勝手にUSTにしました。
※しかし他の人のコード進行を見てみても分母にm(マイナー)が出てくることがないし、テンション指定が出てくることがあるらしい、ということから考えて、この「現代コード進行ったー」の作者の意図としてはベースの指定なのだろうと思われます。
まずは指定のコードを打ち込んで、適当にリズムパートを入れてみました。DAWにはSONAR8.5を使用しています。
[♪]20100909_1.mp3
うーむ、リズム入れたら音楽っぽくはなりますが…、これはなかなか手強そうです。
テクノとかエレクトロニカのような方向で作ってしまえばコード進行なんてどうにでもなるのですが、そっちに逃げるのは今回はナシにしようということで、ポップなメロディを入れてみることに挑戦してみました。
まずはこのコードをいろんな方向から解析します。
指示されているコードはこれ。

|D♭/E♭ |F/A♭ |G♭m7 |Csus4 A7 :|

USTという解釈でやることにしたので分子はテンションです。テンションを省くとこうなります。

|E♭ |A♭ |G♭m7 |Csus4 A7 :|

キーはE♭。前半2小節はI→IVのわかりやすい進行ですね。後半はIII♭m7→VIsus4→V♭7となんだかよくわかりません。試しに分子の方だけの進行を考えてみました

|D♭ |F |G♭m7 |Csus4 A7 :|

キーはD♭。I→III→IVm7→VIIsus4→IV♭7となりこちらは全体的によくわからない進行になってしまいます。というわけでやはりキーはE♭でI→IVで始まるという解釈が一番やりやすそうです。
で、後半の進行も何か理屈をあれこれ考えてみたのですが、正直うまくいきませんでした。とにかく前半2小節があまりにも普通の進行であることに頼り、後半2小節はフィーリングで行くことにしました。ちなみにキーがE♭という解釈だとテンションや後半の謎進行中にブルーノートを押さえてくれるんですね。これがかなり救いかもしれません。
ループを繰り返し再生しながらキーボードでメロを考えてみたり、コードをシンプル化してギターで弾いてみたりしてあれこれ試行錯誤。ギターで弾いてみたコードはこれ

|E♭ |A♭ |A |C A7 :|

G♭m7を転回してA6とし、sus4はあえて3度に戻してみました。このコードは非常にわかりやすいので頭をスッキリさせることができました。結果的にできたのはこれです。
[♪]20100909_2.mp3
どうでしょう?ヘンテコなコード進行のわりにはがんばってポップな感じにしたつもりです。まあ俺程度ではこれが限界ですね。
では余計な情報ですがどんな音源使ってるかというと
ドラム:SessionDrummer3
ベース:D-Pro
パーカス:サンプリング素材
ギター:サンプリング素材。メジャーコードのサンプルをシフトしてE♭→A♭→A→C→Aで鳴らしてます。
ピアノ:TruePianos
ストリングス:D-Pro
オルガン:D-Pro
パンフルート:TTS-1
ボーカル:巡音ルカ(TTS-1とのユニゾン)
以上です。現在は次の進行(これ日替わりなんですねw)に取り組んでいます。
ご質問などあればコメントかTwitterで。


「選挙に行こう!」


(前回のつづき)
しかし「そんなこと言ってたら老後まで何もできないぜ」とゴーストが囁くので、おもいきって一曲作ってみました。
【ニコニコ動画】【初音ミク・巡音ルカ】 選挙に行こう! 【オリジナル曲】

ミクのうしろにひっそりとルカがいますが、こいつはほとんど聞こえません。
DAWはこれまで往年のLogic for Windowsを使っていたのですが、これを機にSONARに乗り換え。音源はJV2080にSONAR付属音源、NIのKOMPLETEなどを使用しています。しかし2001年製の自作PCではさすがにキツかったorz VOCALOIDのReWireどころか、オーディオトラックのエフェクトだけでもCPUが悲鳴を上げます。ソフトシンセはフリーズできるんですが、エフェクトはフリーズできないんですね。>SONAR
何にしても、5年ぶりにDTMの世界に来てみると驚くことばかりです。ハードシンセやラックのエフェクタなんて、写真業界でいうところの銀塩フィルムみたいな扱いになってしまってるんですね。これは早急にPCを新調せねば・・・。