Rapture Pro の日本語版Windowsへのインストール方法


20151017_01

Cakewalk Rapture Pro。地味だけどいいシンセです。

ところがインストールにクセがあります。ググってもどこにも情報がなかったので書きます。TASCAMのサポートは何をやってるの??

日本語環境でのインストール手順

Rapture Proは日本語OSにインストールしようとすると途中でエラーになります。正確には、本体はちゃんと入るのですが音色が入らない。これの対処法です。

  • Rapture Proのインストーラーをダウンロードします。
  • Rapture Proの本体をインストールします。
  • 音色のうち、Rapture_Pro_Core_Legacy_Content_Pack_Vol3_006.exe 以外をインストールします。
  • 7zipをインストールします。 https://sevenzip.osdn.jp/
  • Rapture_Pro_Core_Legacy_Content_Pack_Vol3_006.exe を右クリックし7zipで”Rapture_Pro_Core_Legacy_Content_Pack_Vol3_006に展開”します。
  • “Rapture_Pro_Core_Legacy_Content_Pack_Vol3_006\Data\Common\Programs\Dimension Pro\Percussion”フォルダの中を表示します。
  • 以下のファイルをリネームします。なお下に書いてあるのはリネーム後です。リネーム前はaやoやnなどにラテン文字の特殊文字が入っています。
    • Bata Ambience.prog
    • Bata.prog
    • Bongo Ambience.prog
    • Bongo.prog
    • Cajon Peruano.prog
    • Pezunero.prog
  • “Rapture_Pro_Core_Legacy_Content_Pack_Vol3_006\Data\App\Multisamples\16 – Percussion”フォルダの中を開きます。
  • 同様に以下のファイルをリネームします。
    • Bata Ambience.sfz
    • Bata.sfz
    • Bongo Ambience.sfz
    • Bongo.sfz
    • Cajon Peruano.sfz
    • Pezunero.sfz
  • また以下のフォルダをリネームします
    • Bata Ambience
    • Bata
    • Bongo Ambience
    • Bongo
    • Cajon Peruano
    • Pezunero
  • “Rapture_Pro_Core_Legacy_Content_Pack_Vol3_006″フォルダの中を開きます。
  • Instrument_Expansion_Pack.exeを実行します。

付属プリセット以外の音色追加

Rapture ProにはD-Proが統合されていますが、旧D-Proユーザの場合旧D-Proにインストール済みの音色が自動的に認識されているわけではありません。

Rapture Proをインストールした際にD-Proのところに入っている初期プリセットは過去のインストール済みのものが見えているのではなく、Rapture Proによってあらたにインストールされたものが見えているだけです。何が言いたいかというと、D-Proの追加音源を購入したことがない方でも、旧D-Proのオマケディスクなどでインストールされた追加音源のいくつかはRapture Proには入っていない、ということです。

入っている音源と入っていない音源の見分け方は簡単で、旧D-Proの音色フォルダにある01-Dimensions~24-Garritan Pocket Orchestraが入っていてそれ以外(99-***や番号なし)は入っていません。僕も最初Garritanが入っているため全部入っていると誤解していました。僕の環境では、以下のものが入っていませんでした。

  • 99 – Vintage Sound Library
  • 99 – Vintage Sound Library Vol.2
  • Digital Sound Factory Classic Keys
  • Digital Sound Factory E-MU Proteus Examples
  • Expansion Pack 1
  • Expansion Pack 2
  • Hollywood Edge FX

で、これをRapture Prodで使えるようにする方法ですが、僕の場合はこのようにしました。

  • 旧D-Proの音色Programフォルダ(僕の場合はC:\ProgramData\Cakewalk\D-Pro\Programs)から上記フォルダをコピー
  • Rapture Proの音色Programフォルダ(僕の場合はC:\Cakewalk Content\Rapture Pro\Programs)内に、”D-Pro Additional”というフォルダを作成
  • このフォルダにコピーしたフォルダを貼り付け

この手順で、Rapture Proを起動すると先ほど作った「D-Pro Additional」というフォルダがエクスパンションとして認識されます。

20151017_02

20151017_03

自作ライブラリの管理も同様にやることでエクスパンションとして扱えます。

説明は以上なのですが、注意事項があります。先ほど移動したフォルダは*.progという音色プログラムが入ったフォルダですが、サンプルファイル(wavやflacやsfz)が入ったフォルダはC:\Program Files\Cakewalk\D-Pro\Multisamplesに置いたままです。なので将来「旧D-Proはいらないや」とアンインストールするときにこのフォルダを削除しないように注意してください。

余談というか今後の課題ですが、もしかするとRapture ProのMultisamplesにこれらを移動すれば良いのかもしれません。しかしそもそもprogを移動しただけで使えているということは、どこかにこれらのプログラム用のサンプルファイルはC:\Program Files\Cakewalk\D-Pro\Multisamplesに置いてある、と設定されているはずで(おそらくレジストリ?)、これを勝手に移動するのはトラブルの元になるのかな?と思いやってません。今度時間があったら実験してみます。


3 thoughts on “Rapture Pro の日本語版Windowsへのインストール方法

  1. カマクラ

    こんにちは。いいシンセですよね。購入を考えてますがまったくタスカムはひどいですね。どこで買えるのかさえわかりません。

    ちなみにどこでどれくらいの値段だったか教えていただけませんか?よろしくお願いします。

    返信
    1. TOMOKI++ 投稿作成者

      僕が購入したのは公式でのRapture からのアップグレードでした。いくらだったかは忘れましたが、リリース後の公式割引期限ないだったのでちょっとは安かったと思います。

      http://www.cakewalk.com/Products/Rapture ここでログインしてBuy Nowをクリックすると自分への適用価格が表示されると思います。

      返信
  2. カマクラ

    返信ありがとうございました。

    国内では買えないんですかね。
    TASCAMだし、そのへんにあると思ったんですが、みあたりませんでした。
    海外からは割引で149→120ドルくらいでした。
    TASCAMはなにやってるんでしょうかね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。